【開催レポート】

育休中インターン報告会 ~インターン経験者の“生の声”で「育休中インターン」の良さをもっと知ってほしい~


「育休中インターン報告会~インターン経験者の“生の声”で「育休中インターン」の良さをもっと知ってほしい~」と題したイベントを3月18日、zoomにて開催いたしました。株式会社STORY TIMEでインターンをしたママたち3人が、育休中インターンを始めたきっかけや、実際の活動内容の詳細、インターンを終えた感想などをお話しました。


育休中インターンに参加した理由としては、「復職まで新しいことをやってみたい」「本業とは違う業界に挑戦したい」「インターン先のサービスに興味があった」などが挙がりました。実際の活動スタイルとして、それぞれ1日のスケジュールを紹介。お子さんのお昼寝の合間や寝かしつけた後、また朝お子さんが起きるまでの時間などをうまく活用して作業を進めていたとお伝えしました。


クラウドファンディングのプロジェクトにかかわった大原さおりさんは、「クラウドファンディングは初めての取り組みだったので試行錯誤しながら進めた。プロジェクトの最初から最後まで、かなりのスピード感でやらせてもらえた。思ったことをどんどん形にできたのはスタートアップならでは。本業は大きな組織で、自分が稼いでいる感覚はなかなかないけど、今回お金を自分の手で稼ぐという貴重な体験ができた。新しい世界が見えて、充実した育休が過ごせた」と振り返りました。


SNS、Webチームで活動したママさんは「未経験の業務にチャレンジすることで、技術や情報がインプットできた。記事のライティングも担当。もともと文章を書くことに苦手意識を持っていたけど、受け入れ企業の方から『読みやすい』と言ってもらえて、意外な強みに気づき、自信につながった」と話しました。また、原田美紗子さんは、「今回2回目の育休。1度目は何もできずに育休を過ごしてしまったという後悔があって、育休中インターンに参加した。ほかの職種にチャレンジしたいという気持ちあり、インターンでいろんな経験をすることで、その確信が持てた。ほかのインターンママさんたちとの出会いも刺激的で、もやもやしていたことがクリアになった」とお伝えしました。


受け入れ企業STORY TIME代表取締役の惟村寛子さんは、「STORY TIMEは立ち上げたばかりのスタートアップで、育休中インターンのママさんたちがいなければ、ここまでこられなかった。本当に感謝している」とお話されました。