【開催レポート】

起業したい・起業に興味のあるママ向け ワーママ起業家のリアル


「起業したい・起業に興味のあるママ向け ワーママ起業家のリアル」と題したイベントを3月22日、zoomにて開催いたしました。株式会社クレヨンの取締役の森屋千絵さんが、起業を考えたきっかけや起業までの経緯、会社員時代と今との違いなどをお話くださいました。


森屋さんはまず起業を考えたきっかけとして、「自分で会社をやっている人たちの話を聞いて、すてきだな、いつか自分の会社を持ってみたいとぼんやりとしたイメージを持っていた。夫とも、いつか2人で会社ができたらいいねと話していた。でもそう思いながら、何がやりたいか、何ができるかがあまり分からず、会社員を続けていた。そして妊娠・出産。保活にとても苦労したり、育児関連の情報に触れる中で、解決したい課題が見えてきて。始めるなら今だと、夫と起業した」と振り返りました。


起業をしてよかったと思う点は、「働く時間と場所がフレキシブルに選べること。2020年には東京から伊豆に移住して、ほぼ自宅で仕事をしている」と伝えました。一方で、「会社員のころは、自分の売上があろうとなかろうと、毎月決まった収入があったが、今はファイナンスの面も責任を持ってやらないといけない。ここはストレスでもあり、やりがい」とお話されました。


最後に、「起業をしてみて、意外と大変と思う部分と、意外と楽しいと思う部分がある。もし、やってみたいという気持ちがあるのなら、ぜひ行動してみてほしい。初めから起業するのもありだけど、まずは仲間を探すところから、まずは副業から、などやり方はいろいろある。正解はないので、模索しながらチャレンジしてほしい」と、起業を考えるママたちにメッセージを送りました。