【開催レポート】

ワーママ転職の経験者に聞く リモートワークって実際どうなの?


「ワーママ転職の経験者に聞く リモートワークって実際どうなの?」と題したイベントを3月4日、zoomにて開催いたしました。ゲストは、大手広告代理店の営業を経て、株式会社Vookに転職した村上すなみさん。転職活動の進め方や今の会社を選んだ理由、また現在のリモートでの働き方などをお話くださいました。


村上さんが本格的に転職活動を始めたのはお子さんが生まれて間もないころ。「子どもが幼稚園や小学校から帰宅したときに、家で『おかえり』と言ってあげられる環境で働きたいと思ったので、リモートワークができるというのを条件に会社選びをしました。また、もともとやっていた広告関係の仕事が好きだったので、やりがいのある仕事ができること、というのも条件でした」と振り返りました。そして、「絶対決まるという自信を持って、大手転職サイトやスタートアップ向け転職サイト、広告業界の転職サイトなどに登録したけど、この2つの条件では1社も紹介されなくて。最後に登録した『ママリブラ』で、Vookをすぐ紹介してもらえました」と話しました。


続いて現在のリモートワークについて、1日のタイムスケジュールを紹介。そしてリモートワークのメリットとして、「今の会社はフレックス勤務なので、合間で家事などをしながら時間をうまく使えています」と説明されました。また、リモートワークをするうえで気をつけなければならない点として、「いくらでも仕事ができてしまうので、スケジュール管理をきっちりすること。メールやチャットの文面で感情が伝わるように意識すること。リモートワーク用のITツールがいろいろとあるので、“食わず嫌い”せずに積極的に学んで取り入れること」の3つを挙げました。


村上さんは最後に、「転職活動については、みなさんが望むことがかなう会社がきっとあると思うので、あきらめずに、条件ややりたいことを伝え続けてください。私もワーキングママとしてまだまだ模索しながらの日々です。一緒にがんばりましょう」と締めくくりました。