【開催レポート】

転職したいけど年収ダウンが心配…。そんなママのためのマネー講座「転職前後の収入シミュレーション」


「転職したいけど年収ダウンが心配…。そんなママのためのマネー講座『転職前後の収入シミュレーション』」と題した株式会社ほけんの時間×株式会社mogのコラボ企画イベントを2月5日、zoomにて開催いたしました。スピーカーはファイナンシャルプランナー河内敏明さんと、ママリブラ事業責任者の鈴木伸太朗。お金とキャリアのプロの視点から、転職と年収についてお話しました。


まず、「転職すると年収は下がる?」「年収が下がるなら、転職しないほうがいいのでは…」というテーマについて、鈴木が「ワーママに限らず、転職時点で年収アップするのは4割ほど。同業種・同職種での転職は年収アップも狙いやすいが、一般的には、入社後のパフォーマンスが見えない中、まずは現状維持、または転職先の年収レンジに沿ったオファーになることが多い。長年勤めた会社であれば年功賃金も含まれるため、転職の際はそれがリセットされ、年収が下がることも。ただし、ずっとその年収が続くわけではないので、その後どのぐらい上がっていくのか、長期的な視点で考えることが大切」と説明しました。


続いて、河内さんが転職で年収が100万円ダウンした場合の家計シミュレーションを提示。「転職前と同じスタイルだと教育費や老後の資金が苦しくなってしまうが、住宅ローンや携帯代などを見直すことで転職前よりも最終的な資産を増やせる」と紹介しました。


最後にそれぞれ、「お金もキャリアも漠然とした不安があるのであれば、現状を可視化することと、自分が何を大事にしたいのかを明確にすることが重要。そのうえで、どういう選択をしていくか考えてみてほしい」と締めくくりました。


ご参加のみなさんからは、「参加者からの質問も含め、リアルな声を聞けて、転職のイメージが少し見えてきた」「具体的な家族構成や年収の事例から、キャッシュフローの考え方について話が聞けてよかった。転職した時にどのくらいの年収ダウンなら許容できるのか、考えるいいきっかけになった」「転職にあたり、給与額より自分の価値観を大切にすべきだと感じた」などの感想が寄せられました。