【開催レポート】

教えて!ワーママ転職 ワーキングママ転職支援のプロが語る 転職成功のコツと最新情報


「教えて!ワーママ転職 ワーキングママ転職支援のプロが語る 転職成功のコツと最新情報」と題したイベントを11月18日、zoomにて開催いたしました。スピーカーは、株式会社mogが運営するプロフェッショナルママの転職サービス「ママリブラ」事業責任者の鈴木伸太朗。ワーキングママの転職市場の動向や、ワーキングママが転職を成功させるためのポイントなどをお伝えいたしました。


鈴木はまず転職市場全般について「数年前まで35歳限界説と言われていたり、第2新卒採用が中心だった時期もあったが、現在は転職者の裾野が広がっている。一方、現在の転職マーケットはワーママに限らず買い手市場になっていて、スキルのある経験者採用が中心。コロナの影響でリモートワークが普及して、入社時点からリモートOKや時短OKという求人も増えているので、経験・スキルのあるワーママにとっては追い風とも言える」と説明。「転職マーケットは需給がマッチしたときに採用が成り立つ。企業側の需要は何か、そこに対して自分が供給できるものは何かを見極めて伝えることがポイント」と話しました。


またワーママ転職のコツとしては「働き方や制度はもちろん、一緒に働くメンバーがどんな人たちか、その会社のメーンとなるビジネスタイムや働く人たちの価値観、家族観などを確認することも大事。また時短での就業を希望する際は、家族のサポート体制の状況や繁忙時期には残業が可能か、在宅勤務であればフルタイムで働けるのかなどご自身の意思をきちんと伝えてほしい」とアドバイス。さらに、「やりがいのある仕事がしたいと思うママは多いが、そもそも、まず自分はどんなことにやりがいを感じるのか正しく知ることから始めて」とお伝えしました。


最後に、「転職と転職活動は別物で、自己分析をし、キャリアの棚卸しのために職歴書を作ったり、セミナーなどに参加し、視野を広げること、選択肢を知ることも立派な転職活動。転職活動を始めると、転職先を決めることが目的になりがちだけど、転職はやりたいことをかなえるための手段でしかない。副業やインターンなど、転職せずとも、やりたいことにチャレンジできるチャンスもあるので、転職活動はぜひ積極的に進めてほしい」と締めくくりました。