ワーママ転職の経験者に聞く スタートアップ・ベンチャー企業って実際どうなの?

開催終了
無料


ワーママ転職の経験者に聞く スタートアップ・ベンチャー企業って実際どうなの?


「ワーキングママの転職先として、スタートアップやベンチャー企業ってありなの?」「社員も少ない立ち上げ期って大変そう。ワーキングママにはマッチしないのかな」「小さい組織で、ビジョンに向かって、やりがいのある仕事がしたいけど、働き方や条件ってぶっちゃけどうなの?」。転職を考えるワーキングママの中には、このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか?


そんな方たちのために、ワーキングママになってから、スタートアップ・ベンチャー企業に転職したママをゲストにお招きして体験談をお話いただきます。今回のゲストは、大手人材会社やフリーランスのはたらき方を経て、メンバー15人のスタートアップ企業・株式会社Vookに転職した廣本美月さん。妊娠期の体調不良から会社員を辞め、ご主人の転勤で広島へ引っ越し、産後フリーランスとして仕事に復帰して、2020年10月に都内の株式会社Vookの正社員として転職されました。現在は広島に在住しながら、フルリモートで広報PR・採用を担当しています。「スタートアップの魅力は、何もないところから全部つくれること。ワーママになると譲れない条件もあると思いますが、これまでのスキルが活かせてやりたいことができる企業はあるはず。子どもができたからと言って、キャリアをあきらめる必要はまったくないと思っています」という廣本さんから、スタートアップ・ベンチャー転職のリアルなお話をお聞きください。

【こんなママにおすすめ】


・スタートアップ・ベンチャー企業に転職したワーママの話が聞きたい
・ワーママがスタートアップ・ベンチャー企業で働くことのメリット・デメリットが知りたい
・転職前後の働き方や条件面の変化を聞きたい
・転職先の選び方や、転職を成功させるポイントが知りたい
・フルリモートでのはたらき方について聞いてみたい

廣本さんのインタビュー記事はこちら

【ゲスト】
株式会社Vook 廣本美月さん



明治大学卒業後、国際見本市の主催会社であるリードエグジビジョンジャパン株式会社へ入社。年間18本以上の見本市を担当し、広報をはじめ、営業企画や来場者誘致などを担当。その後、マーケティングを習得すべくパーソルキャリア株式会社へ入社。新しいダイレクトリクルーティングサービスのtoBマーケティングを担当。出産後、フリーランスにて人事系ベンチャー企業数社にてマーケティング・PRとして従事。2020年10月より株式会社Vookへジョインし、広報PRおよび採用を担当している。広島県在住。2歳の長男を育てながら仕事と家事に奔走中



お申込みはこちら

参加費:無料


募集人数:20人



参加方法

お申し込みいただいた方に専用のリンク(zoom)をお送りいたします。お時間になりましたらログインのうえ、ご参加ください。