こんなときだからこそ、子どもに何かやらせてあげたい!
おうちでプログラミングにチャレンジするためのママ・パパ向けワークショップ

開催終了
無料


こんなときだからこそ、子どもに何かやらせてあげたい!
おうちでプログラミングにチャレンジするためのママ・パパ向けワークショップ


小学校の休校が続き、自宅で過ごしている子どもたち。子どものためになることを何かやらせてあげたいと思いながら、仕事もしなければならなくて、もどかしい思いをしているワーキングママのみなさんも多いことと思います。そんなママたちのために、子ども向けプログラミングのワークショップをご用意。今回のイベントは、ママ・パパとお子さんが自宅でプログラミングにチャレンジできるように、ママ・パパ向けの内容でお届けします。


講師は、本業はエンジニアをしながら、複業として小学生~社会人向けのプログラミングスクール講師も務める馬場貴之さん。定員5人の少人数制で、じっくりとお話いただきます。「この時期だからこそ、子どものために何か提供してあげたい」「プログラミングが小学校の授業にも導入されるので、今のうちに触れさせてあげたい」「プログラミングに触れさせたいけど、何から始めて良いかわからない」―。こんなママ・パパ、ぜひご参加ください。


当日の流れ


オープニング(テーマと趣旨の共有・参加者チェックイン)
プログラミング教育について
プログラミングワークショップ
次のステップ、気をつけたいこと、質疑応答

【講師】
Future Coders 馬場貴之さん



メーカーにて、オーディオ機器の開発に従事。組込ソフトウェア開発をメーンに多数の機器開発に携わる。転職後、ソフトウェア開発プロセス改善の啓蒙活動に携わり、プログラミング教育に興味を持つ。2019年からFuture Coders(https://www.future-coders.net/)にジョイン。著書に『あなうめ式Javaプログラミング超入門』、『あなうめ式Pythonプログラミング超入門』(MdN)



お申込みはこちら

参加費:無料


募集人数:5人



参加方法

お申し込みいただいた方に専用のリンク(zoom)をお送りいたします。お時間になりましたらログインのうえ、ご参加ください。